「ググる」の意外な落とし穴!今すぐ使える検索のコツ!

「ググる」の意外な落とし穴!今すぐ使える検索のコツ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「そんなの自分でググって調べろ」

なんてよく言われる話ですが,
ググるのにも「テクニック」があるんです.
正しい検索をマスターして時間を節約しませんか?

今回のテーマは「正しくググる」です!

1. 検索は目的じゃない!

GoogleYahooBingなど色々な検索エンジンがありますが
みなさんがスマホやパソコンでWeb検索をするときってどんなときでしょうか.

Web制作をしている人や,
Webサイトの運営者の方なら別かもしれませんが
たいていの人は「検索すること」が目的ではなく

他の何かを知りたいとき

に検索しているのではないでしょうか.

ということで

検索は手段でしかない!

のです!

本来の目的に時間を使いたいのに
手段に時間をかけるなんてもったいない!
特に検索は一日に何回もするかもしれませんし
上手く検索するコツがわかれば手間も時間も節約できますよ!

2. 検索のコツまとめ

そもそも!
検索にはたくさんの種類がありまして,
普段みなさんが行っている検索は「AND検索」というものになります.

しかし今回はせっかくですから色んな検索を覚えてみませんか?

その1 フレーズ検索を使おう!

「検索してみたけど空白で区切ると全然違う結果が出てしまう…」
というときありますよね!

特に英語で固有名詞を調べるときなどは
間にスペースが入ってしまうのでなかなか思った通りの検索ができません…

search1

こんなときに大活躍なのがフレーズ検索です.
やり方は簡単,

キーワードを「”(ダブルクオーテーション)」で囲むだけ!

これだけで間に空白が入っていたりしてもキーワードのまま検索ができます.

search2

その2 AND検索とOR検索を使い分けよう!

たとえば
犬 猫」と検索したとしましょう.

そうすると図のように
「犬」と「猫」どちらも含むWebサイトを表示します.

search8

これをAND検索と呼ぶのですが
「犬と猫どちらもではなく,どちらかひとつ入っていればいい」という場合がありますよね?

こういうときに使うのがOR検索です!

犬 OR 猫

というように,半角大文字のORをキーワードの間にいれて検索すれば
どちらか片方が入っていれば検索結果として出力されます.

search4

AND検索とOR検索をうまく使い分けて検索の効率をあげましょう!

その3 単語を除外して選択肢を減らそう!

猫が好き!!死ぬほど猫が好き!!」という方が猫を検索したとしましょう.
「猫」で検索すると,もちろん猫というキーワードを含むWebサイトが結果として出てきます.

search5

しかし,
その中にはペット全般について扱っているWebサイトもありますよね.

「猫だけを専門に扱ってるサイトが見たいんだっ!!」

ということで

「猫 -犬」

と検索すると「猫というキーワードを含み,犬というキーワードが入っていないWebサイト」だけを検索することができるのです.
(先ほどの図と検索結果の数を比べてみましょう)

search6

このように半角のダッシュ(数字の0の右)をキーワードの前につけて検索すると
そのキーワードを除外することができます.

その4 filetype検索でpdfだけを検索!

検索する,とひとくくりにいっても
様々な場合がありますよね.

特に「資料」や「論文」を検索するような場合に
「pdfファイルだけが出てくればいいのになー」
なんてことありませんか?

こういうときに使えるのがfiletype検索です!
検索キーワードのあとに「filetype:pdf」とすればpdfファイルだけを検索することができます!

search7

もちろん,「filetype:」のあとにスペースをあけずファイルの種類を書けば他の種類のファイルだって検索できますよー
「filetype:」をすべて半角で書くことに注意してください.

その5 検索ツールを使いこなそう!

インターネットの情報は常に増え続けています.
しかし,古い情報はいらない!新しい情報だけがほしい!というような場合もあるかもしれません.

そういうときには検索したあとのページで
検索ボックスの直下にある「検索ツール」というボタンをクリックしてみましょう.

この検索ツールでは

  • 言語での絞り込みで日本語のページだけ表示
  • 期間指定で新しいページだけ表示
  • 結果指定で閲覧したページだけを表示

したりできます!

特に,結果指定は便利で,
「同じようなことを検索したいけど既にみたページはいらない」というときに使えます!

その他のテクニックを覚えたい人は…

Googleには他にもさまざまな検索テクニックがあったり,
検索テクニックではないけど電卓などの特殊な機能があったりします!

興味があるかたはGoogle公式ヘルプWikipediaのこちらの記事も参考にしてみてください!

ちょっと自慢できるイースターエッグ(隠し機能です)もあったりするので
またご紹介しますね!

イースターエッグの一例

<追記>
イースターエッグの記事を書きました!
友達に自慢できる!パソコンに関するイースターエッグ

3. おまけ:I’m Feeling Lucky

最後に,Googleのトップページには
I’m Feeling Luckyというボタンがあるのをご存知でしょうか.

これを使うと
検索せずに検索一位のページに飛べるんです!

…いまいちうまい使い方を私は見いだせないでいるんですが
なんでこんな名前なのか疑問に思いませんか?
せっかくなので調べてみるとこういうことみたいです.

ユーザーが自分のことを「ラッキーだと感じている」なら、検索エンジンは最適なページを1つだけ見つけるはずで、検索結果一覧を見るまでもないというのがGoogleの特異な自己主張である。
-Wikipedia “Google検索” より

…なんかちょっとかっこいいですね.
上手い使い方思いついた方はぜひ教えてくださいね(*^_^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加